池袋で風俗を利用しました

love
仲が悪くなってそろそろかなとは思っていたんですが、その日も池袋周辺で遊んでいて、行きつけの店などを巡っていながらお互いあまり話すこともないような感じだったんですが、カフェ入って向かい合うと彼女から別れ話を切り出せれました。

私自身も責任を感じていて、突然というわけでもなかったので覚悟もできていたんですが、やはり直接言われるというのと、了承してカフェを出てからポツンと一人になってしまったことは悲しみと共に寂しさも出てきてしまい、さらに時間も夜9時頃で、いつもは彼女とホテルに行こうかとか自宅に行こうかという時間で欲情する時間帯ということもあり、多少の欲情もしている私は迷うことなく風俗で憂さ晴らしをしようと思い、スマホをいじって店を検索しました。

明治通りの方にいたんですが、スマホの情報を頼りにJR池袋駅の西口に行き、そこから歩いてすぐに着くビル内にある案内所に行きました。

出勤表を見せてもらったんですが、出勤している彼女達を見ていると傷心の私には全員が女神に見えていました。

その女神たちの中でも好みの女神を指名し、ホテルに先乗りして、部屋に着いたと店に連絡すると、少し時間を置いて女神がやってきてくれました。

知っている方なら流れで分かってもらえると思いますが、利用したのはホテヘルです。

入会料や指名料を含めると2万円を超えていた気がしますが、その時の私はお金のことなどまったく気にならず、女神にも傷心であることを打ち明けて、慰めてもらいながら、性的な欲求も満たしてもらいました。

頭を撫でてもらったり、膝枕してもらったり、抱き合っていたり、性的なサービスを受けたり励ましてもらうことで普段の利用よりも癒やされて満足できる内容に感じて、すっかりその女神の虜となってしまいました。

その後、傷心が癒えるまでの間その女神に何度も慰めてもらったんですが、個人的には非常に助かった上に気持ちも持ち直し、再出発することができた要因の1つになっており、池袋の女神との忘れられない思い出となりました。